小倉リハビリテーション病院

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟は、在宅復帰を目標に、
集中的なリハビリテーションを行う病棟です。

当院は、多くの職種がそれぞれの専門性をもとに協働し集中的リハビリテーションを実施することによって、より早期に在宅復帰を目指すことを特徴としています。

病棟でのADL(日常生活動作)練習により自立生活の基盤づくりをめざします。

食事・排泄・更衣・整容・入浴など起床から就寝まで、病棟生活のすべてに看護・介護福祉士だけでなく、作業療法士や理学療法士、言語聴覚士、歯科衛生士などが協働し日常生活の早期自立を目指しています。

安全でゆとりある療養生活を提供します。

適切なテクノエイドを活用し、より安全な療養生活を提供しています。プライバシーの保護とゆとりの空間は「心の癒し」を提供します。

365日、休まずリハビリテーションを提供します。

発症後早期に集中的なリハビリテーションを行うことが効果的とされています。体調にあわせ、一日最高3時間のリハビリテーションを毎日提供できる体制をとっています。

退院後も安心した生活を送るためのリハビリテーションを提供します。

退院約1ヶ月前には在宅訪問をおこない、安全な生活を送るための援助をおこなっています。また、地域の関係機関(者)とも十分な連携をとり、必要に応じ退院後も訪問支援をおこなう体制をとっています。

入院の適応となる患者さま

疾患名・状態 発症・手術から入院まで 入院期間
脳血管疾患・脊髄損傷など 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴う脳血管障害
重度の頸髄損傷・頭部外傷を含む多部位外傷
2ヶ月以内 180日
大腿骨・骨盤・脊椎
股関節または膝関節の骨折
2ヶ月以内 90日
外科手術・肺炎などの治療時の
安静により生じた廃用症候群
2ヶ月以内 90日
大腿骨・骨盤・脊椎・股関節
または膝関節の神経・筋・靱帯損傷
1ヶ月以内 60日
股関節または膝関節の
置換術後の状態
1ヶ月以内 90日
PAGE TOP