小倉リハビリテーション病院

入院案内

入院受け入れまでの流れ

  1. 1

    紹介病院から連絡をうけた際、電話で状態を確認する

  2. 2

    FAXで診療情報・データ・病棟情報等を送付いただく

  3. 3

    紹介いただいた日に回復期ミーティングを実施する

  4. 4

    状況に応じ、当院の医師、スタッフが紹介病院へ訪問する

  5. 5

    ミーティングで受け入れ可否、入院日を決定し、紹介病院へ連絡する

※入院の受け入れ等の連絡は現在入院・通院されている病院を通じ、ご連絡しております。事前に当病院をご覧になりたい方は一度、当院「連携広報室」あてにご連絡ください。

入院される方へ

  1. (1)入院時に必要なもの
    各種保険証 健康保険証(国民健康保険、組合健康保険 等)
    各種医療証(後期・前期高齢者、重度医療・特定疾患・原爆・結核等)
    限度額認定証
    印鑑 印鑑をいただく書類が数種類ございます。(シャチハタ不可)
    衣類 下着、寝間着(パジャマ)、普段着

    ※昼夜の区別をつけるため、昼間は普段着、夜間は寝間着でお願いします。

    ※寝間着は更衣のリハビリテーションを兼ねるため、できれば普段お使いのものをご用意ください。

    日用品 歯ブラシ、歯磨き粉、コップ、湯呑み、髭剃り、タオル、バスタオル、ティッシュペーパー 等
    運動靴のように軽くて滑りにくいもの。(スリッパ不可)
    前の医療機関で退院時にいただいたものをそのまま病棟でお預かりします。
    転院時必要書類 前の医療機関で退院時にいただいたものをそのまま総合窓口でお預かりし ます。
  2. (2)入院中、お守りいただきたいこと
    • 入院中は医師、看護師をはじめ、当院のスタッフの指示に従っていただくことがあります。
      薬の服用は担当医とご相談ください。
    • 入院中は早く「普通の生活」に慣れていただくよう、昼間は普段着、夜間は寝間着で生活していただきます。また、寝食の区別もはっきりしていただくため、食事・お茶の時間はデイルームをご利用いただきます。
    • 個人用の簡易金庫はございますが、多額の現金や貴重品はお持ちにならないでください。
      紛失の際、責任は負いかねます。
    • 所持品・衣類にはできれば名前をご記入ください。
    • 同室の患者さまにご迷惑がかからないようにお願いいたします。
  3. (3)消灯時間

    消灯時間は原則として午後9時となっております。以降のテレビ・ラジオ等のご使用はイヤホンをご使用する等、他の患者さまにご迷惑がかからないようお願いいたします。

  4. (4)面会について

    面会時間は消灯(午後9時)まで面会時間の制限はありませんが、午後7時以降の夜間の面会に関しましては、同室の方にご配慮いただき、静かにお願いいたします。

    ただし、夜間緊急時や特別な御用がある方はいつでも面会可能ですが、緊急治療を要する方には面会時間制限をさせていただくこともあります。

    また、小さなお子様やインフルエンザ等の感染症に罹患されている方(疑いも含む)の面会も感染症の危険性から面会をお断りすることもあります。

    当院では個人情報保護の観点から、面会の希望をお聞きしております。本人・ご家族が面会を希望されない場合は面会をお断りしております。ご了承ください。

    正面玄関は平日午後7時以降、日曜・祝日は終日ご利用いただけません。センター棟守衛室前の「夜間・休日出入り口」をご利用ください。なお、「夜間・休日出入り口」も午後11時以降は防犯のため施錠いたします。御用の方はインターホンを押してください。

  5. (5)食事について

    食事時間は、朝食は7時30分頃、昼食は12時頃、夕食は18時頃となっております。

    治療食を召し上がっている患者さまに関しては健康管理の問題もありますので、補食は職員の許可を得てください。また、栄養管理・衛生管理面で問題がありますので、床頭台には生もの、多数のお菓子、果物などは入れないようお願いいたします。なお、ベッド上での飲食はご遠慮ください。(食事はデイルームでお願いします)

  6. (6)病棟・病室の移動

    病状に応じて病棟やお部屋、ベッドの位置を移動していただくことがあります。また、病棟を移動いただく際、主治医が交代する場合もございます。

  7. (7)外出・外泊について

    外出・外泊をご希望される方は、主治医の許可が必要となりますので、お早めにスタッフステーションまでお申し出ください。また、患者さまの状況により、自宅に帰ってからも順調に生活が送れるよう試験外泊を勧めることがあります。(原則として1泊2日)

    また、病棟を離れる際は、スタッフステーションに一声おかけください。

  8. (8)当院入院中に他医療機関受診について

    当院で診療が困難な眼科等の診療につきましては、主治医にご相談ください。他の医療機関を受診される場合は必要な書類があります。

  9. (9)携帯電話の使用について

    携帯電話は医療機器やペースメーカーに影響を与えたり、同室の方のご迷惑となりますので、お部屋の中での使用はご遠慮ください。使用する場合は病棟の北端のデイコーナー等、他の方にご迷惑にならない場所でご使用ください。また、病院1階に公衆電話が設置されています。

  10. (10)喫煙について

    当法人では健康増進を推進するため、「敷地内・全館禁煙(駐車場も含む)」です。

  11. (11)入院費のお支払について

    月をまたぎ入院される方の請求書は「月末〆で翌月10日に請求書を発行」し、病室の各患者さまの床頭台の引出の中に封筒に入れ配布させていただきます。病院1階総合窓口にてお支払をお願いいたします。(平日は8:30~17:30、土曜日は8:30~12:30、日曜・祝日はお休み)銀行振り込み等もできますので、総合窓口にご相談ください。

    月途中で退院される方の請求書は退院当日の朝に請求書を発行しますので、入院費の清算をお願いいたします。入院費の概算をお知りになりたい方はお手数ですが、1階総合窓口までご連絡ください。

  12. (12)苦情窓口・意見箱について

    入院中のサービスに関する意見や苦情がございましたら、事務部長 白石、看護部長 宮脇が対応させていただきます。1階総合窓口でお呼びください。

    また、1階公衆電話横に「意見箱」を設置しております。さらなるサービス向上のため、皆様の率直な意見をいただきたいと思っておりますので、ご記入いただき、意見箱に投函ください。

  13. (13)診断書について

    入院中に各種診断書作成の希望がある方は1階総合受付で申し込みをお願いいたします。作成の目安は約1週間ほどいただきますので、余裕をもってお申込みください。なお、測定が必要なものによってはもう少しお時間をいただきます。ご了承ください。

お見舞いの方へ

面会時間は消灯(午後9時)まで面会時間の制限はありませんが、午後7時以降の夜間の面会に関しましては、同室の方にご配慮いただき、静かにお願いいたします。
ただし、夜間緊急時や特別な御用がある方はいつでも面会可能ですが、緊急治療を要する方には面会時間制限をさせていただくこともあります。
また、小さなお子様やインフルエンザ等の感染症に罹患されている方(疑いも含む)の面会も感染症の危険性から面会をお断りすることもあります。
当院では個人情報保護の観点から、面会の希望をお聞きしております。本人・ご家族が面会を希望されない場合は面会をお断りしております。ご了承ください。

正面玄関は平日午後7時以降、日曜・祝日は終日ご利用いただけません。センター棟守衛室前の「夜間・休日出入り口」をご利用ください。なお、「夜間・休日出入り口」も午後11時以降は防犯のため施錠いたします。御用の方はインターホンを押してください。

PAGE TOP