総合案内

ご挨拶

photo
医療法人 共和会
理事長
熊谷 雅之

昭和37年医療法人共和会は「小倉リハビリテーション病院」の前身である「南小倉病院」として北九州小倉の地に開院いたしました。

当時、精神神経科単科の病院でありましたが、昭和46年矢内伸夫院長の就任にあたり、精神医療の中にリハビリテーションの考え方を導入。このことは精神医療の考え方を大きく転換させるものとなりました。

昭和47年に医療法人共和会を設立。昭和58年、時代のニーズに応えるべく全国で1号の認可施設老人デイケア「託寿館」を開設。更に昭和62年には老人保健施設「伸寿苑」を開設し、全国の高齢者医療・ケアのモデルとして歴史の一つに刻まれることとなりました。

その後、平成10年、現会長である浜村明徳先生が就任。平成13年には病院棟を新築するにあたり、名称を「小倉リハビリテーション病院」と改め、コミュニティを基盤とした病院・施設・在宅といった総合的活動を一貫した組織体制の中で体系化していきました。

思えば当法人は、こうした強いリーダーシップのもと時代のニーズとともに、地域の皆様に支えられ発展してきた組織であると考えております。

今後も新たなる未来へさらなる精進に努めてく所存でございます。これまでと変わらぬご支援、ご指導をお願い申し上げます。

photo
医療法人 共和会

小倉リハビリテーション病院
名誉院長

介護老人保健施設 伸寿苑
施設長

浜村 明徳

これからの超高齢社会では、ますます、リハビリテーションやケアへの期待が高まるものと思われます。たとえ障害があっても、『住みなれたところで、そこに住む人々と共に、安全に生き生きとした生活が可能となるよう、地域のみんなで支えてゆきたい』、それが私どもの願いです。障害のある方々のくらしを再構築し、そのくらしを支えることに組織一丸となって取り組んでまいります。

そのため、時代のニーズに応えられるサービスの質の向上、地域連携の推進、そして地域包括ケア体制への積極的な参画など、様々な課題にチャレンジしてゆきたいと考えています。小さな組織ではございますが、2025年に向け、地域包括ケアの時代を支え、担える病院・老人保健施設・在宅部門になれるよう努めてまいります。

今後とも変わりなきご支援と叱咤激励をお願いいたします。

photo
医療法人 共和会

小倉リハビリテーション病院
院長

梅津 祐一

平成25年4月1日付で浜村名誉院長(共和会会長)からバトンを受け継ぎ、院長に就任いたしました。
共和会の3つの理念、「人権の尊重」「健康の増進」そして「生活の創造」を大きな柱として、障害された機能の回復だけではなく、障害を残しても豊かな生活が送れるように質の高いリハビリテーション医療を提供してきたいと思います。リハビリテーションは患者さんに再び幸せな生活を送っていただけることを目標に、多くの専門職がチームを組んで実践する医療であります。当院の全職員が心を一つにして、患者さんの幸せという目標に向けて最大限の努力をしていく所存です。また、職員一人一人の技量を高めるべく、スタッフ教育・育成に力を入れていきます。

病院職員の平均年齢が20代とまだまだ若く未熟さもありますが、心意気や情熱はどの施設にも負けないものと自負しております。自宅や住み慣れた地域で豊かな生活を送っていただけるための医療を実践し、より発展させていきたいと思います。そのために、地域の皆様の更なるご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

PAGE TOP